情報成果物作成委託とは1

情報成果物作成委託とは1

3つ目の情報成果物作成委託ですが
これが一番何だかわかりにくい感じがします

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうかもしれませんね
製造委託や修理委託は比較的わかりやすいですし
役務提供契約も役務という単語さえ知っていれば
それほど難しくはないでしょう

しかしこれは情報成果物・・・
情報成果物って一体どのようなものをいうのでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

情報成果物にはざっくりいうと3つのものがあります

3つもあるのですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
一つ目はプログラムです

PCなどで使うソフトウェアとかアプリケーションとか
そういうものでいいのでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
ゲームソフトや会計ソフトだけでなく家電製品の制御プログラムや
顧客管理システムなどもこれにあたります
電子計算機に対する指令であって、一の結果を得ることができるように
組み合わされたものと規定されています

電子計算機というのがいかにも役所らしいですね(笑)

avatar

ロック

avatar

所長代理

確かにそうですね
電卓ではあるまいし電子計算機というのも妙な話です

間違いではありませんがそれならスマホも電子計算機ですね
もう少し別の単語を選んでもらいたいものです

avatar

ロック

avatar

所長代理

2つ目ですが
映画、放送番組その他映像又は音声その他の音響により
構成されるものが該当します

いわゆる映像系というやつですね
テレビやラジオなどがこれに当たりそうですね
これは誰にでもわかりそうな気がします

avatar

ロック

avatar

所長代理

この2つはわかりやすいですね
言われればあぁそうかというものばかりです

ということは3つ目はわかりにくいのですね!?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうなんです
3つ目は文字、図形若しくは記号若しくはこれらの結合
又はこれらと色彩との結合により構成されるもの
と規定されています

????
何ですかそれは
これだけだと全くわかりません

avatar

ロック

avatar

所長代理

設計図やポスター・容器などのデザイン
コンサルティングレポートに雑誌広告などが
これに該当します

うーん
確かに図形や記号の結合ではありますが・・・
わかりにくいですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

こればかりはそういうものかと
飲み込んでもらうしかないですね

まぁ仕方がないですよね
それでこの3つの作成を下請法該当事業者が委託すると
この法令に該当するのですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういうことです
定義は以下の通りです

第2条(定義)
3 この法律で「情報成果物作成委託」とは,事業者が業として行う提供若しくは業として請け負う作成の目的たる情報成果物の作成の行為の全部又は一部を他の事業者に委託すること及び事業者がその使用する情報成果物の作成を業として行う場合にその情報成果物の作成の行為の全部又は一部を他の事業者に委託することをいう。

これも業として取り扱う場合なんですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

事業者でなければ保護する意味もないですからね

ところでこの情報成果物って
知的財産権関係の委託という感じがするのですが
気のせいでしょうか

avatar

ロック

avatar

所長代理

いいところを突きますね
まさにその通りです
情報成果物は知的財産とほぼ同義です
なのでその権利の取扱いも十分注意しなければならないのです

買い叩きとかいわれてしまうわけですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

その通りです

ではこれらの業種
ITや映像制作、広告代理店などは特に下請法に注意しないといけませんね

avatar

ロック

avatar

所長代理

彼らはわりとこの辺にルーズな傾向があるので
よく注意してみてください

そのようにします

avatar

ロック

avatar

所長代理

さて情報成果物も例によっていくつかの類型があるわけですが
今日もう遅いのでまた次回にしましょう

はい
よろしくお願いします

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

下請法カテゴリの最新記事

お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。