製造委託1

製造委託1

それで製造いただくというのは
どのようなものでしょうか
普通に製品を委託されるのは当然でしょうけど
他にもあるのでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

いわゆる製品の製造以外にもいろいろあります
半製品もそうですし
部品などもこれにあたります
下請法の第二条に定義がありますのでそれをみてみましょうか

(定義)
第二条 この法律で「製造委託」とは、事業者が業として行う販売若しくは業として請け負う製造(加工を含む。以下同じ。)の目的物たる物品若しくはその半製品、部品、附属品若しくは原材料若しくはこれらの製造に用いる金型又は業として行う物品の修理に必要な部品若しくは原材料の製造を他の事業者に委託すること及び事業者がその使用し又は消費する物品の製造を業として行う場合にその物品若しくはその半製品、部品、附属品若しくは原材料又はこれらの製造に用いる金型の製造を他の事業者に委託することをいう。

金型もそうなんですね
原材料の製造もそうでしたか
ということは例えば農作物などは?

avatar

ロック

avatar

所長代理

農作物は基本的に製造委託にはあたりません
転用が容易だからということのようです

それもどうなのでしょうね
民法や独禁法だけでは厳しいということで
できたのが下請法なのに
今のご時世ちょっと厳しい感じがします

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
量が多いとそういう問題も出てきそうですが
現状は適用外なのできちんと契約書を作成して
民法や独禁法を活用するしかないでしょう

そういうことですか
わかりました

avatar

ロック

avatar

所長代理

それと製造には製造工程中の検査や運搬なども
製造にあたります
これらは製造工程中か否かによって
製造委託か役務提供委託かが違ってきます

そうなると適用範囲が少し違う場合があるということですね?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
また後で説明するかもしれませんが
今はそこだけ押さえておいてください

はい わかりました
ところで業としてという文言がありますが
そうすると単発の場合は適用されないわけですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

全部が全部ではありませんがそういうことですね
ある行為を反復継続的に行っていて
事業の遂行と見ることが出来る場合は業ですが
そうでない場合は適用外になります

なるほど
とはいえ資本金が数千万円、数億円という会社が
業務遂行以外で頼むというのは考えにくいですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
業ではないからということはかなり難しいと思います

そういえば製造委託って
SPAみたいに小売業が製造を委託する場合はどうなるのでしょうか?
小売業の場合製造設備を持っていないこともありますよね?

avatar

ロック

avatar

所長代理

いいしつもんですね!
そのような場合も業としていて
仕様や内容等を指定して製造を依頼している場合には
製造委託にあたります

ありがとうございます
ではコンビニなどのプライベートブランド商品も
他の会社に依頼している場合は製造委託にあたるのですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
また契約上の形態も問われてはおらず
請負であろうと売買であろうと
委託の内容に該当すれば製造委託にあたります

そうしないと抜け穴的に契約形態を変える輩がいますからね
偽装請負などと同じになってしまいます

avatar

ロック

avatar

所長代理

実質派遣なのに請負だと主張する偽装請負は
非常に似ていますね
まさにその通りです

やった!
思ったとおりだ!

avatar

ロック

avatar

所長代理

さて
そんな製造委託についてさらに細かく見ていくと
4つの類型に分類されます

分類があるのですか!?

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
でも今日ももう遅いですから
では今年はここまでにして
来年またこの続きをやりましょう

ありがとうございます
また来年よろしくお願いします
では良いお年を

avatar

ロック

avatar

所長代理

ロック君も良いお年を

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

下請法カテゴリの最新記事

お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。