修理委託

修理委託

今回は修理委託について教えていただけるのですよね?

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
では早速始めましょうか

よろしくお願いします

avatar

ロック

avatar

所長代理

まず修理委託の定義は以下の通りです
条文を見てみましょう

第2条(定義)
2 この法律で「修理委託」とは,事業者が業として請け負う物品の修理の行為の全部又は一部を他の事業者に委託すること及び事業者がその使用する物品の修理を業として行う場合にその修理の行為の一部を他の事業者に委託することをいう。

 

読むまでもないのではないでしょうか
前回お話のあった修理そのものを定義しているように思います

avatar

ロック

avatar

所長代理

その通りですが・・・
では質問をしましょうか

お願いします
あ、「業として」なら製造委託と同様
ある行為を反復継続的に行っていて
事業の遂行とみることができる場合ですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そこは正解です
では物品とは何でしょうか?

物品ですか?
役務(サービス)以外の物のことではないのですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

それだけでは不正解です
実は修理委託においては物品には不動産は含まれず
動産のみが対象となります

えっ!
では土地や建物は修理に入らないのですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
公正取引委員会・中小企業庁ともそのように説明しています

土地の場合は考えてみれば修理になじまないかもしれませんが
建物もそうとは思いませんでした

avatar

ロック

avatar

所長代理

建物は建設業の範疇なので別の法律で規定されているということでしょう

そうか!
建設業は下請法の範囲外でしたね
失念していました

avatar

ロック

avatar

所長代理

ここら辺がこの法律のわかりにくいところですね
こういう入り組んでいるキワの部分はどうしてもね
しかしこうやってあげていくと意外な盲点があるでしょう?

そうですね
わかったつもりになっていた自分が恥ずかしいです

avatar

ロック

avatar

所長代理

では次にいきましょうか
物品の修理であることはわかったと思いますが
物品以外はわかりやすそうな修理委託ですが
実は類型が複数あります

えーっ!?
何故ですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

製造委託と一緒ですよ
製品の場合と設備の場合があるからです

なるほど
では類型は2つだけですね?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
以下の2つです

(類型1)事業者が業として請け負う物品の修理の行為の全部又は一部を他の事業者に委託すること。

(類型2)事業者がその使用する物品の修理を業として行う場合にその修理の行為の一部を他の事業者に委託すること。
 

大雑把に言うと類型1は製品の修理ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
消費者向けの自動車の修理などはこれに該当しますね
自動車ディーラーが他の中小企業に修理を委託するなどが典型例です

時計なんかもありそうですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

類型2の方は自家使用の設備の修理です
ちょっと線引きがわかりにくいかもしれませんがわかりますか?

下請に該当するかどうかの話ですよね
それは業とするかどうかで決まってくるのではないでしょうか
業とするなら業務の一環なので下請法の対象
そうでないときは対象外ということではないかと

avatar

ロック

avatar

所長代理

うん ばっちりですね
では修理委託はこれで大丈夫ですね

いえ 修理は親事業者のところに行って行うことが多いはずです
そうすると納入というプロセスがありませんが
それでも修理委託になるのでしょうか

avatar

ロック

avatar

所長代理

親事業者の指揮下に入るわけではないですから
人材派遣ではありません
それであれば業務委託になるので下請に該当しますね
IT業界などほぼそんな感じですよね?

そうでした!
なるほどこれで修理委託は全て納得です!

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

下請法カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。