危険負担

危険負担

ブツブツブツブツブツ・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

おや 休憩時間中も勉強ですか?
熱心ですね

そろそろ試験も近いですし
勉強しておかないとと思いまして

avatar

ロック

avatar

所長代理

なるほど そういうことでしたか
では何か問題でも出してあげましょうか?

ホントですか!?
ありがとうございます
お願いします

avatar

ロック

avatar

所長代理

今日は何を勉強しているのですか?

今日は民法を勉強しています

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですか
では・・・こういうのはいかがでしょうか?
「危険負担とはどういうものでしょうか?」

危険負担ですね
これは双務契約の際問題となるものです
その典型である商品売買を例に説明させていただきます

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい お願いします

売買契約の際 契約と対価の支払い
それに商品の引き渡しがあります
通常 売買は契約によって成立しますが
中には対価の支払いや商品の引き渡しは
契約と同時ではない場合があります

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
ネット販売などはこの典型といえるでしょう
不動産の売買なども同時ではない場合が多いですね

このような場合 契約が完了する前に
債権となる商品がダメになってしまうことが
まれにあります

avatar

ロック

avatar

所長代理

いわゆる滅失ですね

はい 不動産の場合だと引渡し前に建物が燃えてしまった
などの事故が想定されます
この場合 誰がこれを負担するのかという問題です
これを危険負担といいます

avatar

ロック

avatar

所長代理

これは故意や重過失は含まれるのでしょうか?

いえ 含まれません
もし故意等で滅失した場合は滅失させた者の責任になりますから
地震や水害等のような当事者の責任ではないことが前提です

avatar

ロック

avatar

所長代理

ふむ わかりました
ではその場合どちらが責任を負うのでしょうか?
債権者でしょうか それとも債務者でしょうか?

契約が成立した際どちらに負担が残るかという問題ですが
2つの考え方があります
一つは債務者主義といって
支払い前に債権が滅失したのだから債務も滅失するというものです

avatar

ロック

avatar

所長代理

もう一つは?

債権者主義といいまして
債権が滅失しても債務は滅失せず
債務を履行しなければならないというものです

avatar

ロック

avatar

所長代理

わが国ではどちらが採用されていますか?

原則的には民法第536条第1項にあるとおり
債務者主義が原則になります
ただし特定物に関しては法534条により
債権者主義ということになっています

avatar

ロック

avatar

所長代理

なるほど なかなかよく勉強していますね
ではこの規定は絶対でしょうか?

それは契約書に盛り込むことによって
変えることが出来るかという意味でしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
それは可能でしょうか?

普段契約書を作成しているとき
危険負担の条項は出てきていますので
出来るのではないかと思います

avatar

ロック

avatar

所長代理

正解です
大体特約を結び変更することが多いですね

ふー 良かった!
この辺は実務をやっていて感謝です
でも実際は運送中の破損とかそっちが多いですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
当事者双方の責任ではなくても
第三者が破損や滅失をさせたら
その方が責任を負いますからね
自然災害より運送中の破損などの方が圧倒的に多いですね

ありがとうございます
ちょうど休憩時間も終わりそうですし
そろそろ業務に戻りたいと思います

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
戻りましょう

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

契約書カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。