契約書と消費税

契約書と消費税

最近暑いですよね
早くも夏バテしそうです

avatar

ロック

avatar

所長代理

本当に暑いですね
これでまだ夏本番ではないというのですから
8月はどのようになっていることやら・・・

我々は肌で汗をかかないから
余計きついですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

その分書類を汗で濡らすことがないのはいいですけどね

そうか・・・
人間はその心配があるのですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

所長は時々汗で書類をダメにして
作り直していますよ(笑)

それはご愁傷様ですね(笑)
そうれはそうとして
最近よく訊かれる相談があるのですが
その件についてよろしいでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい どうぞ
どんなことを相談されるのですか?

それが契約書の金額のところを税込みで表示してある
ということなのです
それをどうしたら良いかという相談を最近よく受けます

avatar

ロック

avatar

所長代理

なるほど
そういえば今年の秋に消費税が増税になりそうでしたね
だからですね

はい どうもそのようです
しかもどちらからも相談をうけるのです

avatar

ロック

avatar

所長代理

委託側と受託側両方からですか
受託側からの話ばかりかと思いましたが

委託者側もどう取り扱うか悩んでいるようです
このまま押し切って良いものかどうかと・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

さもしい根性ですね 委託者も
そんなことをしたらダメに決まっています

そうですよね
実質上の値切りですし

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
ではここで問題です
では勝手に値下げをしたらどうなるでしょうか?

え?
それはダメだとは思うのですが
根拠となると・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

まず考えられるのは下請代金支払遅延等防止法
いわゆる下請法ですね
これに違反する危険性が極めて高いといえるというところでしょう

そうか!
下請法ですね!!

avatar

ロック

avatar

所長代理

下請法には一方的な値下げや消費税の不払い等
様々な禁止事項が設けられています
公正取引委員会に相談すれば対応してくれると思います

公正取引委員会は近年凄く頑張っていますよね
受託者の味方になってくれるでしょう
でも相手がそれほど大きくなかった場合
下請法の適用は受けないですよね?

avatar

ロック

avatar

所長代理

確かに資本金1000万円未満の会社同士であれば
下請法の適用からは外れます
しかしそのくらいであれば対等に話し合いが
可能な場合も多いですよね

理論上はそうかもしれませんが
実際はなかなか難しくないですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

きちんと話し合えばそうでもないでしょう
少なくとも増税分の2%は支払われるように
話ができるはずです

駄々をこねられたらどうしましょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

増税後であれば訴訟をすることになるでしょうね
契約締結日と税の表示があれば
払っていただける可能性は高いものと思います
弁護士費用が出るかどうかは問題ですけどね

そうですよね・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういうところとはお付き合いを止めるのが一番です
よほどの事情がない限り
付き合う必要はないですし
関わらない方が良いです

そうですね
そのように話します

avatar

ロック

avatar

所長代理

それより契約書は最初から消費税抜きで作るものです
それをやらないから問題になるのです
税率の変更により支払額が変更する場合は
それを見越して税抜表示にするのが鉄則です

わかりました
ではこれを機に税抜をはじめ
契約書の見直しを提案します

avatar

ロック

avatar

所長代理

ぜひそのようにしてください

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

契約書カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。