3つの著作権

3つの著作権

avatar

所長代理

さて 一般に著作権と一口にいいますが
実は3つの意味があります

??
どういうことですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

言葉だけだとわかりにくいかもしれませんね
でもこの図を見てもらえればわかると思います
まずはこれを見てください

著作権とは

avatar

所長代理

この図は権利の概要を表したものです
左側と真ん中上段
右の上から2段目に著作権がありますね

はい
それぞれ① ②と番号が振られています

avatar

ロック

avatar

所長代理

それが一般的に著作権といわれているものです

はぁ
わかったような
わからないような・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

以前著作権は複製できる権利とお話ししたと思います
これはこの図の著作権①にあたるものです
著作権法が規定する権利全般を指します

はい
それは理解できます

avatar

ロック

avatar

所長代理

その中で著作権①は2つに大別されます
著作権②と著作者隣接権です

あ 先程も出てきた権利ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
著作者隣接権はレコード会社が
権利を行使しやすいように作られた
ともいわれている権利です

伝達者の権利と書かれていますね
それがそういうことですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

作詞家や作曲家など著作権者は
侵害だといって訴えるのが
あまり得意ではありません
好きでもなさそうです

ある程度勝手に複製されても
生活には困らないということでしょうか

avatar

ロック

avatar

所長代理

それもあるでしょう
ファンを減らしたくないという心理も
あるかもしれません

それだとレコード会社は困りますね

avatar

ロック

avatar

所長代理

だから著作者隣接権ができたといわれています
権利がないと権利行使できないですからね
録音権・録画権(91条)や放送権・有線放送権(92条)
送信可能化権(92条の2)等がこれにあたります

貸与権もそうですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

よく知っていましたね
譲渡権(95条の2)や貸与権(95条の3)も
そうですよ
この辺はまたあとでもう少し詳しく話しますね

はい わかりました

avatar

ロック

avatar

所長代理

で 著作権②も著作者人格権も
さらに著作権③と人格権に分けられます

人格権・・・さっきも出てきましたよね
どういう権利ですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

簡単にいうと
著作者の名誉といった心を守る権利です

心を守る?

avatar

ロック

avatar

所長代理

著作者人格権の場合
氏名表示権や同一性保持権
公表権が権利としてあります
これらは財産性のものではないですよね

はい

avatar

ロック

avatar

所長代理

他人の作品を自分のだといったり
話のラストを変えられてしまったりとか
そういうのがあったらどうでしょうか?

腹が立ちますね
もしお金が入ったとしても腹立たしいです

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういう権利です
だからこの権利は譲渡できない権利と
なっていますし
権利期間も設定されていません

なるほど
著作権③は財産権とカッコ書きされていますから
これは一般のイメージの著作権ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい デッドコピーや類似品の訴訟は
主にこちらの権利侵害であるとの主張が
なされるのが一般的です

何かようやっとわかってきたような気がします
ところでこれを3つ分ける意味とか
こうやって教える以外にありますか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

契約書などでどの権利を指しているか
きちんと特定しないと紛争になることが多いですね
著作権③のつもりで書いてけど
きちんと特定していないと①と判断されることもあります

うわ 気をつけます

avatar

ロック

avatar

所長代理

ではもう少し権利を詳しくお話ししましょうか

お願いします

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

法務カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。