電子マネーで給与を支払えるようになるか

電子マネーで給与を支払えるようになるか

ロックが暑さでばてているようだ。
無理もない。
この暑さの中エアコンが故障したからだ。

代理~
暑いです(泣)

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね・・・
これでは仕事にならないし
ここは所長に任せてどこか涼しい場所に行きましょう

二人は近くのカフェに移動した。

あ~生き返る!
そういえばこのカフェ
Suica・PASMOで支払できるんですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そのようだね
現金を出さなくて良いのがありがたいです

そのうちビットコインとか電子マネーで支払えるようになるかもしれませんね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうかもしれませんね
一般的に名が知られてきていますし
日本でも大手企業が手掛け始めましたよね

DMMでしたっけ?
何か給与も一部電子マネーで支払っていると新聞で見ました

avatar

ロック

avatar

所長代理

先日の日経ですね なかなか興味深い記事でした
記者が電子マネーとSuica・PASMOのようなプリペイドカードの
区別がついていない感じがするのが何ですが
狙いは良いですね

それってどこが違うんですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

プリペイドカードは現状現金を介しています
電子マネーは地域通貨や企業通貨みたいなものですよ
だから電子マネーは今のところ有価証券扱いです

切符や株券と同じですか
同じキャッシュレスなのは同じなのにお金ではないのですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
だから電子マネーで給与を全額支払うのはダメなのです

なるほど これですね

avatar

ロック

(賃金の支払)
第二十四条 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。
2 賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない。ただし、臨時に支払われる賃金、賞与その他これに準ずるもので厚生労働省令で定める賃金(第八十九条において「臨時の賃金等」という。)については、この限りでない。

avatar

所長代理

はい
記事にもありましたが
その電子マネーに価値があるのかないのかもわからないですからね

そうはいっても
今のお金は信用をデータにしたものですよね
政府発行の通貨も信用で価値を認められています
同じではないのでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

企業に政府と同じ機能を持たせるということは
給与を自社発行の電子マネーで払う恐れがあるでしょう
これは打ち出の小づち状態になる恐れがありますから
ちょっと難しい気がします

給与を全額電子マネーとすると実質0円ということですか
国と企業では組織の運営が違いますから
確かに難しいかもしれませんね

avatar

ロック

avatar

所長代理

それに顧客の囲い込みに使われる可能性も高いです
ポイントカードと同じようなものです

Nanacoもプリペイドですが同じような感じですね
そうなると中小企業がピンチになるかもしれません

avatar

ロック

avatar

所長代理

他にもあります
都知事は外国人労働者がこれを利用しているからと
説明しているようですが
海外送金の抜け穴として使用される危険は高いですし
マネーロンダリングの問題も手付かずです

日本人にありがちなリスク軽視ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

記事に出ていないだけで対策を打っているかもしれませんが
私にはそうは見えませんね

そうですね・・・
それと普及すると為替介入というのもやりにくくなるのかも
しれません
給与の支払いまではまだまだ問題山積という感じがします

avatar

ロック

avatar

所長代理

とはいえ問題をある程度クリアしたら普及するでしょう
ロック君が指摘するように信用という点で電子マネーと
通貨は根が同じものです
リスク対策は必須ですが

リスク対策をある程度できて基軸電子通貨が決まったら
政府も認めざるを得ないかもしれませんね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうなると給与も現金支給の例外として電子マネーが認められるかもしれません
それに国のあり方も色々変わるかもしれませんね

逆にそれまでは難しいということですね
メリットは多いですがデメリットもまだたくさんあると思います
そこが今後の課題ですね

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

法務カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。