工業製品の売買契約

工業製品の売買契約

最近工業製品の売買契約書の作成について
相談を受けていたようでしたが
どのような話をされたのですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

工業製品は原則的に特許が大事だと話をしました
まず特許がどうなっているか
そこを確認するよう話をしました

特許ですか
製品の性能とかではなくですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

コップなどのように一般消費者向けの
どこにでもあるようなものは別ですが
事業者向けの工業製品・・・例えば製造機械などですね
こういうものは基本的に特許が重要です

そういうものでしょうか
製品があれば販売できるのではないでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういうことはありません
昔から特許は必要ないと仰る経営者もいらっしゃいますが
特許は必ず取るべきです
そうでない製品は怖くて扱えません
もちろん製品があるのは前提です

それは何故でしょうか?
先程のお話ですと不要論を唱える経営者も少なくなさそうですよね
それでもなお必要な理由を教えてください

avatar

ロック

avatar

所長代理

まず安いデッドコピーが作られるリスクですね
それなりの年月をかけて安くない開発費等を投入して
やっとのことで創りあげた製品を
他の事業者に持っていかれるのはいいことだとは思えません

競合他社が出てくるのは
市場が活性化するということはありませんか?
本家が技術的に負けるようにも思いませんし

avatar

ロック

avatar

所長代理

最近のリバースエンジニアリングは凄まじいですよ
あっという間にオリジナルに負けないものを作ってしまいます
しかも開発コストが格段に安いです

つまりその分安くできるわけですね
それは頭の痛い問題ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

技術者はご自身の技術に絶対の自信をお持ちのことが多いですが
コピーをする方はコピーに絶対の自信があることも多いのです
そういうことをもう少し理解してもらいたいです

ウチの技術が負けるわけがないと思っていること自体が
既に負けているのかもしれませんね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういうことです
またそういう安い製品が出回ったら
自社を信じて製品を購入してくれたクライアントに失礼ですよ
そうならないためにも特許を取るべきでしょう

そう考えるとそうですね
紳士の身だしなみというやつですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

それに自社が特許を取っていない場合
他社が取る又は取っていることがあります
特許不要論経営者はそれも調べないことが多いです
そのため侵害訴訟を受けることもままあります

逆に加害者になってしまうパターンですか

avatar

ロック

avatar

所長代理

大体自分だけが思いつくということはほぼありません
他の方も考え付くものです
シンクロニシティ理論というやつですね
それを考えたら最低でも特許を調べる必要があります

なるほど
代理はそういう話をされていたのですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

いや この間の人は販売代理店なので
そういう商品は特許をとっているか
有効期間があるか確認するように指導したのです

製造側から証拠(エビデンス)をもらうのですね
どのくらい有効期間が残っていれば良いでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

製品によって違いますが
5年くらいは残っていないと難しいでしょうね

わかりました
ありがとうございます
また教えてください

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

法務カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。