EUの著作権指令改正(2018年)

EUの著作権指令改正(2018年)

avatar

所長代理

さて 日本の著作権法をもう少し具体的に見ていく前に
最近改正案がEU議会で可決された
EU著作権指令について少々話をしましょうか

GDPR以外にも何か重要な改正がありそうなのですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

どうもそのようです
EUはわりと規制が厳しく影響力のある規制を発信してきます
ISOを見るとよく解ると思います
なので問題が波及しそうな感はあります

そうなのですか
ではぜひその話を聞かせてください

avatar

ロック

avatar

所長代理

2018年9月12日にEU著作権指令の改正案が可決されました
まだこれから国内法がどのようになるかわかりませんので
最終的にどのように運用されるかはまだわかりませんが
運用に向けて前進しました

この間のGDPRは国内法の適用とか
そういうことを言っていなかったように思いますが・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
著作権法は個々の国にも以前から存在しているからかもしれません

EUって結構面倒くさいんですね
それでどの辺が改正されたのですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

今回の改正の主な項目は4つです

1.データマイニング等に関する著作権の例外(第3条)
2.教育機関が著作権のある著作物を非商用で使用できる(第4条)
3.コンテンツのスニペット(ホームページの情報の一部を 検索結果に表示させる方法)を表示するサイトに対し、出版元へ著作権料を支払うようにすること(第11条)
4.プラットフォームにアップされた著作物が違法なものだった場合、プラットフォーム運営側が削除する責任を負うこと(第13条)

これだけでは私にはちょっと・・・
2.は日本の著作権にもあるのでわかりますが

avatar

ロック

avatar

所長代理

1.はデータマイニングの際のデータ使用が
著作権法違反の例外になるかという話です
もしかしたらディープラーニングを含むのかもしれませんね

日本でもディープラーニングは法改正がありましたしね

avatar

ロック

avatar

所長代理

EUは例外が研究機関のみに限定されるらしいので
それが正しければディープラーニングに関しては
著作権法違反にならない日本とは違うことになります

妥当なような気もしますし
学術の特権のような気もしますし・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
4.はISP法などで議論になったので
解らないことはないでしょう?
今回の場合プラットフォーム側がフィルターをかけなさいという話です

はい そういうことでしたら

avatar

ロック

avatar

所長代理

facebookやtwitterに他人の著作物を載せてばらまいたり
ヘイトスピーチやフェイクニュースが掲載されたり
社会的混乱を巻き起こしていますからね
そういうのが反映されたものと思います

EUのアメリカテック企業に対する攻撃は最近凄いですよね
それにしても大手は手が回るかもしれませんが
中小は厳しいですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

規模やコンテンツ量
対応策の有効性も見られるようです
しかし中小もかなり大変でしょうね

なるほど ここまでは大丈夫そうです
でも3.はどういうものなのでしょうか
そもそもスニペットというのがよくわかりません

avatar

ロック

avatar

所長代理

スニペットは情報の断片というか概要ですね
よくニュースコンテンツが他所の記事を載せているでしょう?
facebookやtwitterだけでなくスマートニュースやグノシーみたいな
ニュースの概要をまとめているサイト
あれが対象です

電車の中でも読んでいる人をよく見かけます
確かにあれでは出版社にメリットがなくなってしまいます

avatar

ロック

avatar

所長代理

だからコンテンツ作成者(出版社)にお金を払いなさいというものです
リンク税と呼ばれているようです

ニュースコンテンツのサイトやアプリは
他人の褌で相撲をとっているといわれても仕方がないですからね
そのような会社はビジネスモデルを一から考え直さないといけませんね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
とはいえこちらもfacebookやtwitterのようなサイトを
まとめて狙い撃ちにした感じがします
出版業界の強い欧州ならではと見ることもできると思います

また政治の臭いがしてきましたね
出版業界でニュースコンテンツサイトを作ればいいのかもしれませんが
その辺は下手ですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

それも問題の一つですね
出版業界ももう少し知恵を出さないと
法令で縛っても社会からはじかれそうです

そうならないよう頑張ってほしいですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

本改正については以上ですが
日本でも3.と4.はこれから問題になるかもしれませんね
そうでなくても情報サイトは海外からも見られるので
このようなサイトやアプリを扱っている企業は
対応しないと危険でしょう

こうやって聞いていると
非常に厳しい改正だという感じがします
世間の反応はどうなのでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

かなり反対意見も出ているようです
中にはインターネットが死ぬという方もいるようですね
大々的に反対キャンペーンを展開しているサイトも散見されます

やはりそうですか
でも社会的に必要なものも多そうですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
ですからこれの波及も想定して
日本も対応しておいた方が良いと思います
特に4.は日本でも対応を迫られる可能性が高いとみています

そうすると規約の見直しですね
クライアントにも提案してみます

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
そのようにしてください

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

法務カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。