改正民法施行間近2

改正民法施行間近2

約款ですが今までは特に定型約款の規定はなかったですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
しかしITの普及で提携約款が雨後の筍のように増えました
その中には本当にいい加減で自分勝手なものも多く
問題視されていたのです

そうですね
スマホのアプリやサイトの利用規約など酷いものも散見されますね

avatar

ロック

avatar

所長代理

それだけでなく銀行の預金契約や電気ガス水道の契約、保険の契約など
伝統的なビジネスも提携約款を使用していますが
勝手にいきなり規約を変更することがままありますよね

確かに・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

ですからその辺がかなり厳しくなります
基本的には4つの事項が設けられます

4つですか
多いような少ないような

avatar

ロック

avatar

所長代理

その辺は何ともいえないですが
どれも非常に重要な項目です
全部覚えてくださいね

わかりました
ではご説明お願いします

avatar

ロック

avatar

所長代理

1つ目はみなし合意です
次のいずれかの場合には提携約款の個別条項にも
合意したものとみなされます(改正民法548条の2第1項)

一 定型約款を契約の内容とする旨の合意をしたとき。
二 定型約款を準備した者(以下「定型約款準備者」という。)があらかじめその定型約款を契約の内容とする旨を相手方に表示していたとき。

・・・合意ってすでにみなしではないですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

まぁそうですね(笑)
それより重要なのは二の「あらかじめ」です

つまり変更する場合はあらかじめ相手方に表示しないといけない?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういうことです
それも直前にというわけにはいかないでしょう
少なくとも1か月くらい前に表示していなければならないでしょうね

なるほど
中々に厳しい変更ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

法律などは数か月とか数年前に公布するのですから
それよりはマシという考え方もありますよ

確かに

avatar

ロック

avatar

所長代理

2つ目は開示義務です
既に開示していた場合は別ですが
相手方から開示請求があった場合は
遅滞なく約款の内容を開示しなければなりません
(改正民法548条の3第1項)

もし拒んだらどうなるでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

みなし合意は適用されず
個別に合意する必要があります
(改正民法548条の3第2項)

それは大変ですね
サイトでこの先に進んだら合意したものとみなします
というのはきかないわけですか

avatar

ロック

avatar

所長代理

まともな企業は開示しているので
違法サイトなどが対象という感じもしますけどね

ですね
では3つ目はどのようなものでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

これも重要な項目です
内容制限です

内容制限・・・ですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

例えば「いかなる場合も事業者は責任を負わない」というような
一方的な条項があるでしょう?
ああいうのが軒並みみなし合意の対象から除外されます
(改正民法548条の2第2項)

消費者などの権利を過度に制限したり
過大な責任を負わせることが出来なくなるわけですね
どの程度が過度なのかという問題は残りますが
今までの規定が約款ですが今までは特に定型約款の規定はなかったですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
しかしITの普及で提携約款が雨後の筍のように増えました
その中には本当にいい加減で自分勝手なものも多く
問題視されていたのです

そうですね
スマホのアプリやサイトの利用規約など酷いものも散見されますね

avatar

ロック

avatar

所長代理

それだけでなく銀行の預金契約や電気ガス水道の契約、保険の契約など
伝統的なビジネスも提携約款を使用していますが
勝手にいきなり規約を変更することがままありますよね

確かに・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

ですからその辺がかなり厳しくなります
基本的には4つの事項が設けられます

4つですか
多いような少ないような

avatar

ロック

avatar

所長代理

その辺は何ともいえないですが
どれも非常に重要な項目です
全部覚えてくださいね

わかりました
ではご説明お願いします

avatar

ロック

avatar

所長代理

1つ目はみなし合意です
次のいずれかの場合には提携約款の個別条項にも
合意したものとみなされます(改正民法548条の2第1項)

一 定型約款を契約の内容とする旨の合意をしたとき。
二 定型約款を準備した者(以下「定型約款準備者」という。)があらかじめその定型約款を契約の内容とする旨を相手方に表示していたとき。

・・・合意ってすでにみなしではないですよね
あらかじめというのも当たり前ですし

avatar

ロック

avatar

所長代理

まぁそうですね(笑)

なるほど
しかしそういう約款も多々あったということでしょう
酷い話です
では2つ目はどのようなものでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

2つ目は開示義務です
既に開示していた場合は別ですが
相手方から開示請求があった場合は
遅滞なく約款の内容を開示しなければなりません
(改正民法548条の3第1項)

もし拒んだらどうなるでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

みなし合意は適用されず
個別に合意する必要があります
(改正民法548条の3第2項)

それは大変ですね
サイトでこの先に進んだら合意したものとみなします
というのはきかないわけですか

avatar

ロック

avatar

所長代理

まともな企業は開示しているので
違法サイトなどが対象という感じもしますけどね

ですね
では3つ目はどのようなものでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

これも重要な項目です
内容制限です

内容制限?

avatar

ロック

avatar

所長代理

例えば「いかなる場合も当社は責任を負わない」というような
一方的な条項があるでしょう?
ああいうのが軒並みみなし合意の対象から除外されます
(改正民法548条の2第2項)

消費者などの権利を過度に制限したり
過大な責任を負わせることが出来なくなるわけですね
どの程度が過度なのかという問題は残りますが
今までの規定が酷すぎますから自業自得ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

最後の4つ目ですが個別合意がなくても一方的に
約款の内容を変更することが出来る要件が規定されました
(改正民法548条の4)

一 定型約款の変更が、相手方の一般の利益に適合するとき。
二 定型約款の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、この条の規定により定型約款の変更をすることがある旨の定めの有無及びその内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

これは今までの中で一番対策を要するもののように思います
あらかじめ変更の詳細を周知させないといけないわけですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
ですからすぐ明日から変更しますというわけにはいきません
どの事業者もきちんとシステム化する必要があるでしょうね

はい
おそらくHPで周知してわかる方にはメールで通知するのが
良さそうですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
それが良いと思います
それとこれについては改正民法施行前に締結された
定型取引契約についても原則適用されます

うーん
こうやってみると約款関係は本当にやりたい放題だったのですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

だからようやっとあるべき姿に戻ってきたということです
それだけ勝手な事業者が好き放題に暴れていたのです

この法改正を機に
善良な事業者が生き残りやすくなるといいですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

まったくです

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

法務カテゴリの最新記事

お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。