従業員個人の携帯を業務に使用させるのはお勧めできない

従業員個人の携帯を業務に使用させるのはお勧めできない

あれ?
今日は祝日なのにお仕事ですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういうロック君もですか?
こちらはちょっと面倒そうな話だったので
今日ご相談に来ていただきました

そうだったのですか
私は近くを通りがかったら電気がついていたので
何かあったのかと思って寄りました

avatar

ロック

avatar

所長代理

それは心配させてしまいましたかね

いえいえ
で 面倒そうなお話というのは
どのようなお話でしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

面倒というか定期的に発生する話です
従業員の個人の携帯を業務に使わせたいという・・・

あー アレですか
本当に定期的に誰か相談に来ますよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

おそらくそれを直接禁じる法令が見当たらないからでしょうけどね
とはいえ電話はこれまで会社のものだった経緯もあります
使用を命じたらパワハラの危険性もあるのですけどね

スーツとは違いますか・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

服は社会人の身だしなみとして個人にも関わりがありますが
携帯は違うでしょう
個人のためという部分がないですからね

確かにそうですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

しかも多くの経営者が大した額ではないのだからといって
従業員の携帯を使いたがります
しかも大した額ではないのなら貴方が払ったらどうですかというと
逆切れしますからね(笑)

少しでもケチりたいのが丸見えですね(笑)
確かに携帯も通話料が定額のものが増えてきましたし
いいじゃないかという意見もあるでしょうね
それに経営者はその辺の公私の境が曖昧というのもあるのかもしれませんね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういいたくなるのもわからなくはないのです
とはいえ 経営者も公私は切り分けた方が良いですよ
特に情報セキュリティの観点からはそう思います

情報セキュリティですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

例えばベネッセ事件のような場合
個人の携帯は禁止で社用だけという形ならどうだったでしょうね

あー そういう・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

社用なら有事の際にロックやデータ消去もできますからね
個人のものだとそれは出来ないですね

プライベートの携帯には
それはできないですね
個人情報保護法違反に問われることになりかねません

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね
携帯電話のデータというのは簡単に言えば個人情報ですから
個人情報保護法の適用を受けることになります
ですから漏洩したら個人情報保護法20条(以下「法」という)の安全管理措置
の義務違反及び法21条の従業者の監督義務違反の可能性があります

そうすると罰則とかもありますよね!?

avatar

ロック

avatar

所長代理

不正利用なら法第八十三条が適用されて
一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金
そうでなくても個人情報保護委員会の勧告等を無視した場合
六月以下の懲役又は三十万円以下の罰金ですね

これは法第八十四条ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
法第八十四条は漏洩即罰則ではないので
そうそう適用されることもないとは思いますが・・・

大した額ではないという方は無視しそうな気もしますね

avatar

ロック

avatar

所長代理

それが怖いですね
それにそんなことがなくても漏洩が第三者から公表されたら
会社の評判はガタ落ちでしょうからね
法令以上の制裁を受ける可能性は高いですね
だからきちんと会社で携帯を用意しなさいと話していたのです

なるほど
そういう話をされていたのですね
それはお疲れ様でした

avatar

ロック

avatar

所長代理

まったくです
聞き入れるくらいなら最初から相談など来ていませんからね
こちらがやっても良いといわせたいだけなんですよ

本当にお疲れ様でした
そこまでくると何とかにつける薬なしというやつですね

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

法務カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。