特許権の少し困った話

特許権の少し困った話

avatar

所長代理

この前お話した特許権やライセンス契約は
非常に有用な契約といえるでしょう
産業の発展にも寄与する良い制度だと思います

はい
開発者がその対価を得ることができるのですから
私も良い制度だと思います

avatar

ロック

avatar

所長代理

しかしちょっと困ったこともあるのです

困ったことですか?
この間お話しいただいたこと以外にですか?
どんな問題でもあるのでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

いくつかありますね
まず一つ目は発明者の権利についてです
企業のオーナーが発明者ではない場合
権利帰属やその対価についての処理が大変です

発明者と特許権者はイコールではないのでしたね
青色発光ダイオードの中村先生の問題は記憶に新しいです
特許法第35条をはじめとする職務発明などの話ですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
だから先に社内規程で規定しておかないと
あとで思わぬトラブルになることがあります
もちろん法律等を勘案して
社会的に問題のないレベルで です

結構大変な問題ですね
でも1つ目ということですから
他にもあるんですよね

avatar

ロック

avatar

所長代理

えぇ いくつかありますよ
順に説明していきます
2つ目は専用実施権です

専用実施権は何が問題なのでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

専用実施権は特許庁にその旨の登録が必要なのですが
何故か産業財産権の検索システムである
ネット上の「J-PlatPat」では検索できないようです

権利設定を受けるときに調べるのが大変ということですね!?

avatar

ロック

avatar

所長代理

その通りです
ネットで調べて権利者を特定しても
それだけでは十分ではないのです
最悪権利はあるが製品は作れないこともあり得ます

なるほど
それは非常に困りますね

avatar

ロック

avatar

所長代理

それくらいならまだ可愛いもので
通常実施権については登録すら必要なく
契約のみで権利を設定することができます
これが3つ目ですね

それって独占的通常実施権を何社かに設定していることもあり得るのでは!?

avatar

ロック

avatar

所長代理

それが問題になるのです
また権利を設定したライセンサーや
それを受けたライセンシーが清算した場合なども
権利関係が複雑になりがちです
これが4つ目ですかね

結構困りますね こういうの
あれ?
もしかして外注先に製造させる場合にも問題が発生したりしませんか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

いいところに気がつきましたね
その辺も契約次第で問題になります
気を付ける必要があるでしょう
これが5つ目といって良いと思います

何か色々大変ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

他にもパテントトロールなどの問題や権利の重さなどの問題があります

パテントトロールというと
特許権を買いあさって
その発明を使っているものにライセンス料を支払えと請求する
アレですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい そのアレです
違法ではないことが多いだけに性質が悪いです

そうですね
あとですが 重みづけというのは何でしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

ある製品を製造する場合複数の特許が必要なことがあります
その特許を複数企業がそれぞれ持っている場合
ライセンス料を相殺することがあるのです
その権利の重要度や開発費用等の重みづけのことです

もしかして今は全部1山いくらという感じなのですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

そのようです
ですから非常に重要な特許権を取得したにも関わらず
他を押さえそこなって
煮え湯を飲まされる場合があるようですね

なるほど それは今後の課題ですね
しかしこうやってみると
現実はなかなか大変な制度なのですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

だからこそ契約や規程をしっかり整備しなければならないのですよ
それがあればかなりの部分を回避できるのですから
わかりましたか?

はい わかりました!

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

法務カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。