著作隣接権

著作隣接権

avatar

所長代理

さて 先日の続きですが
あとは著作隣接権ですね

レコード会社や実演家に認められている権利でしたね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
著作権と同様人格権もありますし
財産権としての隣接権もあります

なぜ著作権と別にしたのでしょうね?

avatar

ロック

avatar

所長代理

著作者と全く同じ権利というのは
公平性を欠く考えられたのだと推測します
それと政治力ですね
一応著作隣接権は以下の権利があります

人格権
氏名表示権:実演家名を表示するかしないかを決めることができる権利
同一性保持権:実演家の名誉・声望を害するおそれのある改変をさせない権利

実演家
録音権・録画権:自分の実演を録音・録画する権利
放送権・有線放送権:自分の実演を放送・有線放送する権利
送信可能化権:ネット等を使って公衆に配信できるようにする権利
商業用レコードの二次使用料を受ける権利:レコードの使用料を受ける権利
譲渡権:自分の実演が固定された録音物等を公衆へ譲渡する権利
貸与権:商業用レコードを貸与する権利(1年+49年)

レコード会社
複製権:レコードを複製する権利
譲渡権:レコードの複製物を公衆へ譲渡する権利
※送信可能化権と二次使用料を受ける権利、貸与権は実演家の場合と同じ

放送局
複製権:放送を録音・録画及び写真等の方法で複製する権利
再放送権・有線放送権:放送を受信して再放送したり、有線放送したりする権利
伝達権:テレビ放送を受信して画面を拡大する特別装置(超大型テレビやビル壁面のディスプレイ装置など)で、公に伝達する権利
※送信可能化権は実演家の場合と同じ

あれ?
貸与権は50年ではないのですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい
貸与権は1年の許諾権+49年の請求権という形になっています

お金が入ればいいだろうという感じですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうも見えますね(笑)
貸しレコードのための権利設定だからでしょう
今でもレコード会社は著作権を欲しいといっていますが
そこまではどうでしょうね

最近はネット配信が多くなっているようですから
規約を整備して
レコード会社マターにする方がいいような気がしますが

avatar

ロック

avatar

所長代理

著作権はその労力を惜しまなければ
問題なく権利行使できるのです
それをやらないのは
偏に面倒だからだと私は思っています

全部法律に押し付けるわけですか

avatar

ロック

avatar

所長代理

悪い言い方をすればそうなりますね
それと権利発生要件で一つ重要なことがあります
著作隣接権は創作性が要件になっていません

え 何故ですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

例えば野球やサッカーは著作物ではないのです
八百長でもなければ筋書きがありませんから創作ではありません
ある意味偶然の産物です
それがそうすると・・・

著作権が発生しない!?

avatar

ロック

avatar

所長代理

音楽だってそうですよね
既存の音楽を流してもそこに創作性はありません
音楽そのものにはありますけどね
だからです

弱いけど強い・・・
変な権利ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

要は使い方次第ということですよ
さて これで一応一通りですかね
あとは気になるもの個別案件があれば
随時お話することにします

ありがとうございました

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

法務カテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。