しなければならないとできるの違い

しなければならないとできるの違い

ロックはきちんとチェックできていたようだ。
尻尾が左右に振られている。

avatar

所長代理

では 罰則規定に入ります
ここのチェックポイントはどこでしょうか?

ロックは手を挙げた。

発生したら困るものが漏れずに記載されているか
またそれの罰則が定められているかをチェックします

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうですね あってはならないこと
例えば期日までに対価が支払われない
情報漏洩をするなどが発生したときは
それに対する報いを受けてもらうことになります

最近は個人情報の関心が高いように思うので
特に注意しています
しかしなぜこんなに関心が高いのでしょうか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

やはりEU一般データ保護規則(GDPR)が発効したことが大きいでしょう
内容 特に罰則が厳しいのもさることながら
影響する範囲が広いというのがありますね
EUに支店があったり製品やサービスを提供していたりすると
影響を受けたりしますよ

フェイスブックが大きく取り上げられたのもこれに引っかかるからですか?

avatar

ロック

avatar

所長代理

EUから見ればちょうどいいタイミングでやってくれたという感じですね
まるでデモンストレーションのようでした

そうすると日本の企業でも契約書や規程類の見直しが必要ですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい 注意してチェックしてください
場合によってはクライアントに提案しても良いと思います

わかりました
それともう一つ質問があるのですが・・・

avatar

ロック

avatar

所長代理

はい 何でしょう

今更かもしれませんが
契約書の文言には大別して「しなければならない」ものと
「することができる」の2種類があるように思うのですが
これは何故でしょうか

avatar

ロック

avatar

所長代理

そういうのは重要なので
いつでも質問してください
全然問題ないですよ

avatar

所長代理

「しなければならない」は支払いなどに多いですね
〇月〇日までに支払わなければならない
これは文字通りしなければならないというものです

では「することができる」は違うのですね

avatar

ロック

avatar

所長代理

「することができる」だと例えば違反などがあった場合
裁量権が相手方に発生する形になります
支払わなかった場合契約を解除することが「できる」
つまり相手は解除してもしなくても良いのです

先日の震災の場合などにこの文言で対処できるわけですね!

avatar

ロック

avatar

所長代理

そうです
もし「解除しなければならない」
「違約金を支払わなければならない」だと
相手に酷な場合もあります
だから「することができる」にするのです

わかりました!

avatar

ロック

東京経営法務研究所へのお問合せはこちらから

リーガルチェックカテゴリの最新記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site! お電話はこちら!
テキストのコピーはできません。