ビジネス・ストーリー

なぜビジネス・ストーリーなのか

更新日:

夕方 都内某所のコーヒーショップ
帰宅途中のサラリーマンが大勢駅に向かって歩いているのが見える

店内ではコーヒーを手にタマが席へ向かう

久しぶりだニャ
すまんニャ 本来なら研究所に行くところニャのに
それにこんな時間だし・・・

avatar

タマ

avatar

所長代理

久しぶりだね タマ
君のご主人が会社を設立した時以来かな?
今日は私もこちらの方に用があったので別にいいよ

すまんニャ
うちの奴隷が猫使いが荒いのニャ

avatar

タマ

タマは席に着くとコーヒーに口をつける

実はその奴隷で少し相談したいニャ

avatar

タマ

avatar

所長代理

あぁ
あまりうまくいってないんだな?

解るのか?
まだ何もいってないのに

avatar

タマ

avatar

所長代理

タマのご主人は典型的な技術屋さんだったからね
おそらくものはいいけど売れていないのかなと

そうなのニャ
開発はいいけど売るのが下手ニャ だからこっちが大変
それでも「いい製品だから売れないのがおかしい」と言い張る始末ニャ

avatar

タマ

avatar

所長代理

技術屋さんあるあるだね
私も特許流通に関わっていた頃はそれで苦労したよ(苦笑)

ウチの奴隷だけじゃなかったのニャ?

avatar

タマ

avatar

所長代理

それどころか日本の企業はほとんどといっていいくらいそうだね
タマのご主人だけじゃないよ

何か少し安心したけど・・・
それはそれでいいのか悪いのかニャ

avatar

タマ

avatar

所長代理

製品には消費者が求める機能があるのだけれど
最近は安くて最低限の機能を持っている製品が多いよね
だからただいいものですといってもコスパが悪いと一蹴されることが多いよ

奴隷もその辺が解ってきたのかニャ
最近ブランディングに興味を持ち始めたようニャ

avatar

タマ

avatar

所長代理

でもブランディングとかいっている人は
大体差別化を解っていない人が多いんだよなぁ
ブランディングは本来差別化のためのものなんだけど
凝ったデザインにしてみたりマークや洒落た名前をつければいいと思っている人がほとんどだからね
その程度の差別化なんて薄っぺらいんだけどね

まぁニャ
そういう製品って世間には履いて捨てるほどあるニャ
チ〇ールみたいな製品はなかなかないけど

avatar

タマ

avatar

所長代理

でしょ?
逆に人気がある製品やサービスはそれだけじゃないよね
APPLEやamazon、テスラといった企業はビジョンを明確にアピールして
それを実現するためのものとして製品やサービスを位置付けているよね

チ〇ールとかニャ
他には自分も今はiphoneを使っていつけどIoTを意識した製品であることを感じるニャ
iphoneを中心としたSFのような便利な社会も悪くないと思っている

avatar

タマ

avatar

所長代理

本来そのようなビジョンはほとんどの企業や製品、サービスに大なり小なりあるものなんだけどね
これは物凄い差別化要因なのだけれど
それを解っていない経営者、特に技術系の経営者に多いと思うね

企業や製品の数だけ物語があるということか
確かにそうだニャ
チ〇ールにもあるニャ

avatar

タマ

avatar

所長代理

タマ ホントにチ〇ール好きだねぇ
まぁそれはともかく それを七星経営総合研究所では「ビジネス・ストーリー」と大きく括って作成支援をしているんだよ

なんか面白そう・・・
うちの下僕にも作らせたいのでもっと聞かせてほしいニャ

avatar

タマ

ブーッ、ブーッとタマのスマートフォンがバイブ機能で震える

・・・奴隷か
なかなか戻ってこないから心配になったか
それともチ〇ールか新しい玩具でも買ってきたか?

avatar

タマ

avatar

所長代理

じゃあ詳しい話は今度にしようか
ご主人にあまり心配をかけてもまずいだろ
我々の基本だしな

すまんニャ 話の途中で
次回はビジネスとして研究所にお邪魔するニャ
また連絡するのでよろしく

avatar

タマ

avatar

所長代理

じゃあ連絡待ってるよ

ビジネスストーリー作成支援の七星経営総合研究所

-ビジネス・ストーリー
-

テキストのコピーはできません。

Copyright© ビジネス・ストーリーの作成支援なら七星経営総合研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.